【イケメンノンケ出演】最新ゲイ動画

【ノンケ × ゲイ】おすすめ抜ける漫画

バイト先の優しい先輩

10代,BL,DK,イケメン,ノンケ,学生,片思い

【動画を見る】人気のあの塩顔イケメンがフェラに挑戦!!
【動画を見る】イケメン彼氏も入り乱れ3P SEX♪

 

高校生のころの話
バイト先に中学も高校も別のイチヤという先輩がいました
イチヤ先輩は隣町に住んででバイクで通ってて、
学年は一個上だけど早生まれなので同じ年?の先輩です

俺は初めてのバイトに新生活やら家庭のこととか色々あって
なかなかバイトの仕事も上達せずに怒られてました
なまじ背が高いので、別の先輩(背が少し低い)からキツく当たられたりしてました
同期は女子ばかりで働く内容も場所も違うので、少し心細い日々でした(といってもその背の低い先輩は子供みたいな感じだったので怖くはないし、結局女子同期とも仲良くしてもらってましたけど)
イチヤ先輩だけは俺にもやさしくてコツとか上手いサボり方とかも教えてくれました
イチヤ先輩からもらったアドバイスを俺は当時ノートに書き溜めていました
先輩は170くらいで、服を着ると痩せて見えるけど、着替えの時に見たら結構筋肉質でした
肌は少し地黒で目は奥二重なのかな笑うと糸目になるんだけど、それがカッコよくも可愛くも見える
髪は短めだけどちょっと猫っ毛
たまにスポーティなメガネの時もある
バイクのメットは半帽でゴーグル
とにかく、うぶな当時の俺は見た目も性格も先輩のことが好きになってました

 

【漫画を読む】親がいない間に…エッチな受験勉強♪

[牙九ぽっぽ] の【少しといっぱいの青春 ~なつまつり~】
【漫画】先輩×後輩BL★夏祭りの夜に欲情して…♪
それもあってノートにうっかりイチヤ先輩の名前も、そして事もあろうに似顔絵まで(笑)描いてしまっていたのです
こう言う時に女子は恐ろしい、なんか知らないけど嗅ぎつけてくるんですよね
まあ普通にノートを見られて、「あれ?これってイチヤさんじゃね?(同期女子はギャル)」
そこからあっという間に本人にもバレました
まあ俺の特技は開き直りなのとギャルが味方してくれたこともあってカミングアウトはスムーズで、とやかく言ってくる人もいませんでした
(ちなみに件の子供みたいな先輩は、ゲイのDVD焼いて来て上げるから買わない?と持ちかけてきました→意外と良い人です)

まあこれで女子たちと仲良くしてても変な波風も立たないし、
なんだかんだで俺も仕事を覚えて来て、後輩も入って来たりして落ち着いて来ました
イチヤ先輩も相変わらずで、すれ違い様にくすぐって来たり、よくわからない冗談いったり、あとケツ触って来たりとかまあそんな感じで楽しく過ごしていました。

夏になってみんなで花火を見に行った時に、俺には2つの衝撃的なことがありました
女子は浴衣で来てて、イチヤ先輩はなぜか白っぽい甚兵衛でした
花火も見終わってダラダラ帰る時に、先輩はすーと同期の女子のことを見てました
俺はなんとなく察しました
その子はめっちゃ顔も性格も良くてモテる子だったので。

問題はその後です
先輩がしゃがんだ時ふと股間が目に入ったんですが、
めっちゃ勃ってました!
道です道!往来の真ん中ですよ!
いくら男子高校生といえいいんですかね
さらにノンケ 特有の見られてる自覚がない!
白い割とピタッとした甚兵衛の短パンなんで形が浮き上がってて
なんなら色もわかった気がします
なんとも言えない二つの感情を知ってその日は帰りました

【動画を見る】1週間オナ禁させた褐色少年が男抜きの快感堕ち
【動画を見る】学校帰りナンパ★19才イケメン学生が初体験!

半月ほどして、休憩していると、次のシフトでイチヤ先輩が出勤してきました
バイト先は制服があるのですが、制服出勤はNGなので、着替える必要がありました
更衣室はあるんですが少ないので、シフトの開始が重なると足りなかったりして男は倉庫や休憩室でそのまま着替えたりしてました
その日は俺しかいなかったし、更衣室も空いてたんですが、なぜか先輩はいつもの癖か、そのまま俺の前で脱ぎ始めました
パンイチになってちょっとにやっとしてこっちを見てきました
俺はちょっとなんか期待してみたりしながらも平静を装ってました
ちょうどそこに人が入ってきたので普通に着替えてその日は特になにもなくバイトして帰りました
そんなことが、その日から続きました

また少しして、バイト中にイチヤ先輩が俺の後ろを通る時に、めっちゃ密着してきました
通路が狭いので人が2人いる時は蟹歩きにならないと通れないんですが、普通は背中合わせにすることが多いんですが、イチヤ先輩は俺の背中に先輩のお腹側が密着するように通ります
なので腰のあたりに先輩のアレが当たります
擦る感じで通ることが多くなりました
先輩は同期の女子のことが好きなはずなのになんでだろうと悶々としていました
そしてついに男子部門が二人だけの時に後ろを通りがけに耳元で「触ってみたい?ってマジ?」と囁かれました
ハッとして先輩を見るとニヤニヤしてそのまま倉庫へ行ってしまいました

翌週くらいに先輩が学校の用事でシフトを代わってほしいと言うので代理出勤しました
その後メールが来てお礼に焼きそば奢るからと家に呼ばれました
なんで焼きそば?と思いながらも初めて先輩の家に行きました
先輩の家は家族も多いし大きい家だと聞いてましたが、行って見ると家は大きいのですが、家族が出かけてるみたいで静かでした
先輩の部屋だけ音楽がかかってました
夜食ということで約束の焼きそばを出されて食べた後、先輩から聞きたいことがあると言われました
「あの日さ俺のこと見てたよな?」めっちゃ唐突です
あの日って?見てたって?ちょっとあたふたしてると、
「あと俺のこと好きってマジ?」
明確にイチヤ先輩が好きとまではバレてなかったと思ってたので焦りましたが、あれだけパンイチ見せて来たり、ちんこ擦り付けて来ておいてもし苦言や文句だったらどうしてやろうかとも思って
「バレてますよね?」とサクッと答えた
先輩は「やっぱなー」
ふぅーと息を吐いてから
「でさフェラできる?」
俺はいろんな感情が一気に押し寄せてきて少し混乱した
誘い方ってないんすかね
うわラッキー
先輩も男子高生な訳だ
先輩は同期のことどう思ってんだろ
もっと早く言ってくれよ
今までのは俺を試してたのか
今フリーなのかな
理由は?
今やるの?
などなど

【漫画を読む】ツンツン男前な幼馴染とエチエチムード♪

 

この時俺は一応経験があったので、
「全然できますよ」とだけ答えた
先輩はベッドに座って、俺は床に座らせれた
脱ぐのかなと思ったら、頭を掴まれて股間に押しつけられた
ここから先輩のフェチが炸裂する
「深呼吸してみ」
そう言われて苦しいけど息を吸う
「苦しいです」と言うと一旦解放
先輩はパンツになるとまた押し付けてきた
すでに勃起してて硬かった
しかも間近で見ると結構デカそう
また息を吸うように指示された
すごくエロい匂いがエンドレスに入ってくる
パンツ越しのちんこの匂い?それともパンツに染み込んだ匂いなのか
とにかく蒸れたちんこと玉の匂いだった
2、3分くらいそれが続いた
「臭い?」と聞いてきた
俺は「え?はいエロいです」と答えた
先輩は足で俺のちんこを小突いた
「興奮してんじゃん」と笑いながら言われた
先輩「こう言うの好き?」
俺「先輩なら」

この時はまだよく分からなかったが先輩は嗅がせるのが好きみたいだった
でも女子にはできないから俺でやってみたかったらしい

今度は、ベッドに仰向けにさせられて、先輩が馬乗りになった
目の間には先輩のもっこりが!
まじまじ見るとやっぱり太くてデカそう
先輩「見たい?」
俺「見たいです」
先輩「ならちゃんと言えよな!何が見たい?」
俺「先輩のちんこ見せてください」
いつものノリと違ってちょっとSっぽかった
先輩がパンツを太ももくらいに下ろすと
カリデカの太いちんこが出てきた
見た目だけでもかなりエロい
色も黒いし亀頭もでかくて、
先の方だけ少し剥けてるくらいだけど
形が分かるほどだった
ちん毛は意外と薄くて直毛だった

先輩はちんこをそのまま俺の唇の上に押し付けてきた
ちんこの先っぽが鼻の真ん前にあるし、口も開けられない
そんな状態で先輩はまた息を吸うように指示してきた
生ちんこからのエロい匂いはかなり強烈で、俺もかなり興奮してしまった
ペチペチとマラビンタしてきたりした後、いよいよ皮を剥く
皮がかぶってても形がわかるほどの赤黒い亀頭が露わになったと同時に、さっきとは比べものにならないほどのエロいちんこの匂いが鼻をついた
蒸れた匂いとイカ臭さが混ざりながら、裏筋やカリの辺りから鼻に入ってくる

 

【動画を見る】嫌だったはずが…爽やか好青年がモロ感!
【動画を見る】スポーツ系青年が生突きで悶絶ドピュっ☆

今度は裏筋を鼻に押し当てられて嗅がされた
「興奮してんだろ?」と言いながら、先輩は腕を捻って胸をガシガシと雑に掴んできた
ちょっと痛いけどなんかノンケだなと思ってエロかった
俺もフェラしたくなって咥えようとすると止められた
先輩の指示通りやらないとダメらしい
舌を出すように言われて、裏筋とカリの溝を下の先でゆっくりとチロチロさせられた
その間もずっとちんこのエロい匂いがしている
そしてまた言わされる
「先輩のちんこしゃぶらせてください」
ゆっくりと口に含むと匂いは消えてしまってちょっと寂しいけど、
ものすごいボリュームの亀頭を感じられてかなりエロかった
そのままピストンしてくるかと思ったけど、舌で刺激するように言われて
頑張って舌で裏筋を刺激しまくってたら
意外とすぐに出されてびっくりした
予告なしの口内射精だったし、初めて口に出された
口というか喉の奥にジャジャーとぶつかる感じ
しかも抜いてくれないから溺れそうになった
先輩は「飲める?」と聞いてたけど
もう飲むとかじゃなくて流し込まれてるから俺はふごふご言ってた
やっと抜いてくれて
「飲んだ?どうだった?」と聞いてきた
俺は「めちゃくちゃイガイガします」と答えると
「美味しくないのかよ」とちょっと不満気だった
先輩がシャワー行ってる間に思い出しながら俺も抜いてしまった
その後もちょくちょく呼ばれて、
ケツはやらなかったけど、いっぱい嗅がされてからフェラと素股は定期的にさせられました
先輩はちょうどいい性処理にしか思ってなかっただろうけど、
俺はギャップもあってもっと好きになってしまって、パンツ欲しいって言ったら、買うならいいよと言って売ってくれました
その後、先輩は同期のギャルをなんとか口説いて付き合ったけど、なんかエッチが合わなかったらしくて、関係は続いてました
同期とは仲良かったからよく相談されたけど、この事は秘密にしてたから、フェラのアドバイスできなくってちょっと心残りでした
最後まで読んでくれてありがとうございます
先輩また会いたいなぁ

イケノン ~ゲイ体験談~


【動画を見る】19歳童顔が悶絶!インタビュー中に即挿入★
【動画を見る】男らしい浅黒男子が敏感早漏ドピュドピュッ♪

【漫画を読む】優等生を食い散らかすクズ教師…!