【Trendy “NONKE” Movie】

【ノンケ × ゲイ】抜ける動画 & 漫画

娘の家庭教師はイケメン大学生⑤

20代,イケメン,ノンケ,体育会,変態,学生,年上攻め,悪戯,拘束,攻め目線,解剖,調教

【動画を見る】イケメンアスリートとアナルSEX!

おっさんにパンツをずり下ろされ、勃起チンポを晒された少年に忍び寄った。
「これ見たことある?まだ拓海くんは使ったことないかなぁ?」

俺はローターで拓海の乳首を責めた。
「あっ!」 拓海の腹筋がうなり、下腹部の勃起チンポがピクーーッと角度を増した。

「感じちゃう? イケメンがアソコをひくひくさせて恥ずかしいねぇ。」
「くっ、あっ、、、あっ、、」
「ほうら、気持ちいいだろ~。どんどん汁が垂れてきているよ」

ローターを乳首の突起にぐるぐると巻くようにいたぶった。
「あぁ…あんっ!」
これ以上になく乳首を硬くさせて悶える拓海。左右の乳首をローターで交互に責めた。
経験のない快感に拓海は、汗ばみ、恍惚の表情でうめいた。

俺はローターを、乳首から徐々に下へ移動させる。
腹筋をなぞり、へその周りをくるくるといたぶると、そのたびに拓海は呻き、先走りを垂らした。
そしていよいよローターを、拓海のガマン汁をたらしたチンポに近づけていった。

「さぁて、このローターで拓海くんのおちんちんを責めたら、どうなるかなぁ?」

「いやっ!いやだっ!や、やめっ…やめ…て…」

拓海は腰をよじらせ抵抗したが、左右に揺れる拓海の勃起チンポをギュッとつかみ、その動きを封じた。
いやらしく滾った若いチンポの固さと熱さが伝わってくる。

「いやっ!いやだっ!や、やめっ…やめ…て…」
懇願する拓海を冷笑し、ローターを、特に薄いピンク色をした、弱そうな亀頭の尿道口にあてがった。

「んぁっ!!」 拓海はしなやかな体を激しく反り返えし悶えた。
「んあああっ、ああああっ、、、!」
亀頭の先端をローターでいたぶられ、拓海が苦悶の表情であえいだ。

【動画を見る】ゲイの妄想…あなたの願望を叶えます

 

「ほうら、拓海のさきっぽがローターでプルプルしてるよ。あっ、いやらしいなぁ、カウパー液がどんどんあふれてきたよ。」

さっきまでローションでグチュグチュだった拓海のチンポは、ローションが乾燥し、そのかわりにガマン汁が溢れ、鈴口から割れ目の部分にそって溢れ流れてた。
そのガマン汁を指先ですくい、拓海の色っぽい顔に近づけた。

「ほら、拓海のチンポの先からこんな汁が出てるよ。自分のカウパー液舐めてみる?」

拓海はまだ顔を背け抵抗した。俺は拓海の綺麗な頬にガマン汁を塗り付けた。
拓海の顔に、ナメクジが通った後のような照かった跡ができた。

「俺の言うこと聞けないの。いい覚悟だ、拓海。どうやらもっと自分の立場を思いしらせてやらないといけないね。」

俺は亀頭をさらに責めた。カリの円周をローターで撫でた。
「んんっ!ふはぁ!」 こわばる拓海太ももの筋肉。

次は、指で亀頭の割れ目を開き、綺麗なピンク色のそこを、ゆっ…くりローターでなぞった。ガマン汁を塗り広げるように。

「はぁぁぁぁ!!!!」

拓海は、ベッドの上でよがり狂う。イケメン拓海の苦痛に歪む表情がたまらない。
ベッドに拘束されたスリムな体がしなやかにうなっていた。拓海が女を抱いても満足しないような体に仕上げるのが目的だ。
亀頭の割れ目、裏スジ、カリ、表の張った部分を何度も反復してローターで責めた。

「んんっ!あふぁ!ひゃっ!」拓海の声にならないあえぎ声。となりの部屋に聞こえそうだが、もう俺はお構いなし。

「どうだい拓海、イキたくてもイケないだろ?ははっ!もっとお前の悶える表情をみせろっ!」

俺は、亀頭を責めながら、付け根をきつく掴んだ。

「絶対に竿は扱いてやらんからな。そう簡単には射精させないよ。」

拓海のダラダラとガマン汁を流すガチガチちんぽは、あと竿をみこすり半したら射精しそうだった。
早くイケメンの射精を拝みたいが、すぐにイカせるなんて勿体ない。カリ責めで寸止めして遊んでやろう。

「よし、そろそろ精子がたっぷりたまった頃合いだな。さぁ、今から射精させてやる。イキそうになったら言えよ。」

俺は拓海の亀頭にローションを塗り、指を輪にしてカリを集中責めした。
「あぁーっ! や、やばい、、っす!」

無意識のうちに、腰を浮かせて絶頂を迎える態勢になる拓海。ノンケのくせに俺の手でイキたくて仕方がないようだ。
だが、射精はさせないよ、拓海。

拓海のカリを激しく擦りあげた。シュコシュコシュコッといやらしい音に合わせて、拓海の呼吸が荒くなり、腹筋がこぎざみにピクピクなった。
拓海のチンポがすごく熱くなった。

「あっ!いっ、いくうーっ、アアッ!」

俺はとっさにちんぽから手を離した。

 

「んあっ!? あっ、、あっ、、、あっ!!」 苦しそうに大声でわめき、喘ぐ拓海。

可哀そうに、クールなイケメンがデカマラをそんなにヒクつかせて。
寸止めがこんなに歯がゆくて苦しいなんて知らなかったろう?
太ももの筋肉や、きれいな玉までもが射精したそうに痙攣している。

「残念だったな。そう簡単にイカせてやんないよ。もっと精液を貯めてもらわないとね。」

俺はチンポへの責めをやめたが、拓海の感度を保つため、再び乳首を弄んだり、スジ筋の体を撫でまわし、チンポとは違う肌の感触をむさぼった。
快感のメーターが壊れてしまったのか、拓海はどこを触られても喘ぎ、涙を流し、カウパーを垂らした。

そして、次の目的を果たすため、拓海の手足の拘束を外した。
ぐったりとした拓海をうつ伏せにさせ、両手を背中で縛った。きれいな背中に、プリッとした俺好みのケツ、ホントに拓海の体は最高な素材だ。

「拓海ぁ、次はここを犯してやろうか。」

拓海の肩から背骨、腰周りをキスしながら、拓海を膝立ちでケツを突き出させた。

拓海の弾力あるケツの双丘を鷲掴みし、存分に揉みまくった。

「くっ…」 恐怖と屈辱に耐えるようにうめく拓海。

俺は拓海の尻たぶを左右に広げた。そこには薔薇の蕾のようにキュッと閉ざしたアナルがあった。

 

[HONEY QP] の【連れ穴公開M男くん生交尾ショー】
【漫画を読む】
[HONEY QP] の【M奴隷のお兄ちゃんと一泊旅行しちゃいました】
【漫画を読む】