【イケメンノンケ出演】最新ゲイ動画

【ノンケ × ゲイ】おすすめ抜ける漫画

大好きな後輩を彼女に奪われる前に…

10代,BL,イケメン,学生,片思い,童貞

【動画を見る】泳ぎ疲れたスポーツマンの寝込みを襲う!
【動画を見る】彼女持ち新卒イケメンを縄と蝋燭で調教♪

凌平を初めて見たのは、凌平がバスケ部の見学にきた時。

見学している彼を一目見て、俺は凌平に恋をした
いわゆる一目惚れだ。
凌平がバスケ部に入部すると、俺は積極的に話しかけ、部活以外でも遊ぶ仲になれた。

カッコよくもあり、可愛くもある凌平は男にも女にも人気で、ほどなくして凌平に初彼女ができた。凌平は青少年らしい清い交際をしているようだが、凌平だってお年頃だ。当たり前だが、初エッチへの興味はあるようだった。

俺はバイで、それを知られたくないし、相手は彼女持ちのノンケだ。
当然、凌平のことが好きだと言う勇気も無い。

俺は、凌平の童貞が奪われてしまうと、勝手な不安や苛立ちを募らせていた。
そんな中、凌平と1日遊んだ後、そのまま俺の部屋に泊まることになった。

夜に男子が集まると下ネタの話題になるのは自然なことで、俺が促すとやはり凌平ものってきて、AV観賞をする"ノリ"になった。

[korokoro] の【KOROFAN CG VOL.1(2019~2020)】

もちろん、"普通"のAVをチョイスした。

『あぁダメッ! イくぅ!』
AVは1番興奮するシーンになっていた。

凌平は黙ってAVを見ながら、スウェットの膨らんだ部分を触っていた。
俺は正直、AVよりもそんな凌平に興奮して、同じくスウェットを膨らませていた。

「。。ヤベー俺もう我慢できんわっ」
俺はそう言って、スウェットとパンツを同時に下げた。

「先輩、何してるんすか!?」
凌平はそう言うと目を丸めて、俺の勃起した股間を凝視してきた。

「お前も勃ってるなら見せろって」
俺はそう言って、凌平のスウェットに手を伸ばした。

「そ、それはムリっす!」
意外にも凌平は激しく抵抗してきたので俺は強引に、凌平を床に倒してしまった。

「お前、スゲー硬くなってるやん!」
俺がそう言いながら、凌平の"膨らみ"をなでていると
凌平の抵抗が小さくなっているように感じた。

「じゃっチンコ見せてもらうで」
「ダ。。ダメ」
弱々しい抵抗をされたが
俺は、凌平のスウェットとパンツを同時に下げてしまった。

この時、AVはすでに終わっていた。

【動画を見る】犬顔イケメンくんのアナにズボり♪
【動画を見る】感度抜群!ウケで激エロ泣き!

「。。長っ」
俺は思ったことを、そのまま口にした。

凌平の勃起した股間は太さは並だが、長いものだった。
亀頭はピンク色で、見上げると顔まで赤色になっていた。
息を荒らくしながらも、無抵抗で無防備に仰向きになっていた。

ついに興奮を抑えきれなかった。

俺はシックスナインの体制に変えて、本能のままに、凌平の股間を喰わえてしまった。

「あぁっ! それはガチでダメでしょ!」
凌平は一瞬ビクッとなり、慌てて俺の口から股間を離そうとした。
俺は逃すまいとしがみついて、舌をレロレロと動かして可愛いピンクの鬼頭を味わった。
「あっ、あっ!ヤバいですって!」

「そう言いながらも感じてるじゃん。凌平もフェラ経験してみたいんちゃう?」
「えっ。。」
「いいから、俺のチンコ舐めてみろって」

俺は強引に、凌平の顔に股間を当てた。
凌平は口を閉じて、嫌そうな顔で抵抗した。

「ほらっ」
俺は股間を揺らして、凌平を誘った。

すると。。

「グズッ」

凌平の鼻をすする音が聞こえた。
俺が慌てて目線を下げると、なんと凌平は涙を流していた。

「わ。。悪い」
俺はやりすぎたと思い、すぐに謝った。

がしかし、凌平は何も言わずに、俺の股間を舐め始めてきた。

「お。。お前っ」
俺は少し戸惑ったが、俺はまた凌平の股間を喰わえた。

[MENたいこ] の【MENTAIKO SHORT STORIES】
【漫画を読む】
[エイチジジョウ] の【『片岡くんの知りたいコト』シリーズまとめ】
【漫画を読む】子どもの頃から好きだったアイツが…

「はぁ。。はぁ。。」

お互い息が荒らくなり、夢中で股間を舐め合った。

「あぁイくっ!」
「俺もっ!」

そして、俺と凌平は同時に射精してしまった。

「先輩。。キスしてもいいっすか?」
凌平が体制を変えて、俺と顔を向き合わせて言った。

「お。。おぅ」
俺は、強引な凌平に少し驚きながらも返事した。

「ちゅっ」

次は凌平から、強引にキスをしてきた。
さっきの涙の、しょっぱい味を舌に感じたと思うと
凌平はすぐに舌を絡ませてきた。

「んっ。。」

俺は凌平に少し押され、倒れてしまった。
さっきとは逆の、下の立場になった。

舌が絡み合って。。
股間が触れ合って。。

俺はまた興奮し、勃起してしまった

「先輩、スゲー硬くなってますよ」
凌平は、馬鹿にするように笑いながら言った。

「う。。うるせーなっ」
俺は、少し悔しくて強がった

「も1回舐めてあげましょうか?」
「べ。。別にどっちでも」
凌平は、また俺の股間を舐め始めた

「あぁ。。」

俺は目を閉じて感じながら
さっきの凌平の涙を思い出した。

「なぁ凌平さ」
「。。」
「なんでさっき泣いてたん?」
「。。」

凌平の返事は無かった。

凌平の顔を見下ろすと、凌平は俺の股間を握ったまま、眠りについていた。

凌平の涙の理由は何だったのか。

彼女に対しての罪悪感なのか
もしかすると、今まで本当の気持ちを殺していたことなのか。

更に俺が、凌平の顔をのぞきこむと、満足そうな寝顔をしていることに気付き、少し安心した。

でも涙の理由は結局、今も分からないままだ。

[MENたいこ] の【狼少年とハムの人】
【漫画を読む】思春期真っ盛り!甘酸っぱいLOVE
[MENたいこ] の【狼少年とハムの人】
【漫画を読む】