【イケメンノンケ出演】最新ゲイ動画

【ノンケ × ゲイ】おすすめ抜ける漫画

サッカー部の親友がゲイに犯された

10代,ストーカー,ノンケ,学生,無理矢理,片思い,集団,鬼畜

【動画を見る】まさかリア友とヤルことに♪締まり最高イケメン♪
【動画を見る】イケイケノンケ!女子に照れる顔が超可愛い♪

僕には中学時代からの親友と呼べる男友達がいます。
名前は「ショウタ」。明るくて友達の多い性格で、誰にでも優しく、同じサッカー部ではいつもまとめ役です。

自分がゲイだと自覚して悩んだ時に、ショウタだけにはカミングアウトしました。
最初は驚いていましたが、自分を信用して話してくれてありがとうと言ってくれました。ショウタは本当にイイやつです。

そんな大切な親友ですが、僕はついにショウタで抜くようになってしまいました。

中3の性欲では我慢できませんでした。

男同士だから、オカズにも困りませんでした。着替えの時も、シャワーの時も、ショウタの体を、実は見ていました。

ショウタは勘がいいので、僕の視線に気づいていたかもしれません。

ショウタは普通に女子が対象です。僕とショウタと発展する見込みがないのはわかっていました。

 

[間。] の【『かわらないひ。』】
【漫画を読む】ショタ思春期は発情期♪
[LUNATIQUE] の【おなふれ ~ 友達と2人で1つのオナホールを買って一緒に使った日の話。】
【漫画を読む】親友と2人で1つのオナホを使って…♪
 

僕はついに年を偽って、出会い系アプリに登録しました。ショウタとは発展する見込みはないし、十代の性欲は凄まじかったからです。
いろんなお兄さん、おじさんと代わる代わるまぐわいながら、僕は性欲を満たしました。

僕とセックスした男の一人に、「ミツロウ」という30代の男の人がいました。

彼は僕と寝たあと、興奮冷めやらぬ顔つきで、二回、三回と僕を犯しました。そのあと、どうしても付き合いたいと迫られましたが、僕は断りました。

なんか怖かったし、まだ16の僕にとって、30代はかけ離れすぎていたからです。
ミツロウさんはとてもしつこく、ストーキングにまで発展してきました。

 

学校にまで現れたときは、僕は怖くなりました。騒がれたら困るので、そのままワゴン車に載って、彼の性欲を受け止めました。

学ランのまま乱暴にお尻を犯され、生で二発種付けされました。
声を出さないようにと、口に含まされていた僕のトランクスは、ミツロウさんに没収されました。

それからというもの、ミツロウさんは毎日のように学校へ現れて、放課後の僕をさらっては、車内で性行為を強要していくようになりました。

そんな日々に僕は心身共に耐えられなくなって、サッカー部をやめました。

ショウタは最近の僕の異変に気づき、心配してくれていました。

でも、出会い系でおじさんとヤリまくってるなんて、純粋なショウタには話せませんでした。

【動画を見る】練習後にサカユニのオスを穴激掘り!
【動画を見る】イケイケモデルとノンケ競パン生Sex!

 

ある日、いつものように放課後、ミツロウさんのワゴンに乗せられようとしていると、ショウタが飛び込んできました。

「ショウタ!!!!」
僕はびっくりして、心臓が重くなり全身の血の気が引いていきました。

ショウタは、「おじさん、ユウの親戚か何かですか?俺も乗って行っていいですか?」
「い、いやショウタ、この人は…」

僕が言いかけると、おじさんがそれを制しました。
「そうだよ。これからいいとこ行くから、君も来る?」
「ショウタ!降りてよ!」
僕は必死に叫びます。
「いや、俺も行きます。出してください」

ミツロウさんはアクセルを踏みました。舌なめずりをしたのが、横目にはっきりと見えました。

ワゴン車の中で、ショウタはつとめて明るく話し続けました。

その明るさはどこか攻撃的で、ミツロウさんが僕にとって、何かよからぬ人であることに気づいているようでした。

高速に乗ったのがわかり、僕は焦りました。いつもとは違う場所に連れて行かれているからです。
ミツロウさんも誰かと電話をし始めました。仲間を呼んでいるようです。
僕は怖くてたまりませんでした。親友のショウタだけでも助けたいと考えていました。

車は一時間ほども走り、誰も通らないあぜ道の古びた木造の小屋の前で止まりました。
中に入ると、暗闇の中で5人の男が待ち構えていて、僕らは取り囲まれました。

 

僕が怯えきっていると、ショウタが僕を守るように一歩前に進み出ました。
「あんたら、こいつのなんなの?俺はこいつの親友。悪いことには巻き込まないでくれ」
男たちはヘラヘラと笑い始めました。薄暗いのでよくわかりませんが、上半身が裸です。

「手切れ金ならもってきた。ほら…」
するとショウタは驚くことに、ポケットから20万の札束を出しました。
それはショウタが新聞配達でためたバイト代の、おそらく全てです。
僕は驚き、ショウタを制止しました。
「ショウタ!なんでこんな……」
「お前、最近様子が変だったろ。こいつらにカツアゲされてるんなら、これで解決してもらおう」

ちがう、違うんだショウタ、この人達は・・・

 

【漫画を読む】家に押し入った変質者が少年を犯す!

すると突然、裸電球の薄暗い灯りが灯りました。
狭い空間には、家畜の飼料と藁しかありませんでしたが、見せたいものはそれではなく、男の手に握ったものでした。札束です。
「?」
「五万、でどうかな」

ショウタはたじろぎました。
「な、何言ってるんだ? 俺は金を渡しに…」
逆に金銭を手渡そうとしてくる男たちにショウタは戸惑いました。

自分の憶測が完全にはずれ、何かの商売を持ちかけられた状況に混乱しています。
すると後ろから手が伸びてきて、男の1人がショウタの体を羽交い締めにしました。
「何するんだ!やめろっ」
ショウタはパニックになって叫びます。
「ショウタに手を出さないでくれ!」

僕は叫びましたが、後ろからミツロウさんに抱きすくめられました。
といってもすごい力で、僕は逃れることができません。
それはショウタも同じで、しかしそっちは相手が180センチもある大男だったために、足が完全に浮いてじたばたとしています。

そのまま彼は藁の上に押さえつけられ、5人の男たちがショウタに一斉に襲いかかりました。
学ランを剥ぎ取られ、シャツを引きちぎられると、ベルトも抜き取られて、ショウタはパンツ姿にされました。

「…何を!」
ショウタは手足を押さえつけられたまま男たちを睨みます。
すると男たちは一斉にズボンを脱ぎ始めました。
ベルトのカチャカチャという音が耳障りに鳴り響きます。
黒々とした5人の大人のイチモツにショウタは見下ろされることになりました。

 

【動画を見る】初登場のノンケ学生が容赦なくシゴかれ発射♪
【動画を見る】野球部ノンケ捕獲成功♪緊縛ゲイ手コキで落す!

 

それからは、まるで何かの儀式のようでした。

ショウタは厳かに下着を剥ぎ取られ、足を担がれてオイルを塗られた男根を尻に受け入れました。
しかしショウタはもう暴れることはなく、顔をしかめて痛みに耐えるばかりで、時折くぐもった声で喘ぐほか、叫ぶことすらしませんでした。

僕は毛深い尻が親友の体を堪能するさまを、何もできずに見過ごしました。
なぜなら僕もまた、ミツロウさんに深く貫かれていたからです。

「どうだい?7Pなんて、コーフンするだろ?」
ミツロウさんは僕を言葉責めにしますが、僕は本気で抵抗しました。
「やめろやめろやめろ!ショウタに手を出さないで!!」

そんな声を聞いて隣ではさらにピストン運動が激しくなりました。
ショウタの懸命に耐える声が届きます。僕は何もできない自分を呪いました。

隣の男が果て、次の男がショウタの尻に取り付きました。
一瞬、どろりと濃い精液が溢れだしたのが見え、僕は抑えきれず勃起しました。
ミツロウさんはその瞬間を見逃さず、ピストンを早めました。

お前も親友がレイプされてるのを見てコーフンしてんだろ?
二人にだけわかる体の会話。僕は頭をぶんぶんと振りました。

ショウタに取り付く二人目の男が絶頂を迎えました。
男がショウタから離れるとき、ショウタがその男を鼻で笑うのが見えました。
ショウタはこちらを見てニッと笑います。

大丈夫、こっちは心配すんな。

その目はそう言っていました。
泣いて取り乱す僕とは正反対の表情。僕は情けなくてたまりませんでした。

 

男はムキになって再び挿入しようとしますが、それをさきほどの大男が制しました。
イチモツは黒光りしていて、いかにも凶暴そうです。

チン毛もまだ生えそろったばかりの少年と並べば体格差は男同士と思えないほどです。
筋肉隆々のその大男はショウタをうつ伏せにし、家畜の飼料の上に上半身を寝かせ、膝をつくような格好にさせると、後ろから尻の穴に挿入しました。
すると、暴れ馬のようなピストンが始まりました。

はじめは歯を食いしばっていたショウタも、次第に嗚咽をこらえきれなくなり、しまいには泣きだしてしまいました。
大男は手加減するどころか、自慰を強要しました。
ショウタは従って、ふにゃふにゃのチンコに手を伸ばして、自身のイチモツをしごき始めました。

こんな状況でも、十代の体は正直です。
ショウタのチンコが勃起したのです。
しかし、ノンケのショウタは射精などできるはずがありません。

大男はイクまで許さないぞと脅しつけて、なおもショウタを犯します。
懸命に集中するショウタを、大男のピストンが邪魔をします。

結局、大男が3回果てるまで、ショウタはマスをかかされ続けました。
あとの二人を相手するショウタにはもう、さきほどまでの強気さは見られません。
ただ呆然と天井を見るだけになりました。
乳首を吸われても、チンコを握り動かされても、僕の声にすら、反応しなくなりました。

僕も目の前が暗くなって、やがて意識が飛びました。

 

イケノン ~ゲイ体験談~


【動画を見る】元バスケ部の浅黒い爽やかノンケが初めて男に喰われる!

[間。] の【かわいくない。】
【漫画を読む】いつも生意気な親友と立場逆転!好き放題に性教育♪
[間。] の【かわいくない。】
【漫画を読む】