【イケメンノンケ出演】最新ゲイ動画

【ノンケ × ゲイ】おすすめ抜ける漫画

銭湯で爽やかな兄さんにシコられた

20代,ノンケ,リーマン,受け目線,無理矢理,銭湯

【動画】18才ジャニ系美少年が男同士兜合わせの快感に激チン♪
【動画を見る】スリムな美形男子が背後からの生突きで快楽堕ち♪

男によく狙われてしまいます。これは社会人2年目、24のときの話。

仕事で地方に遠出すると、周辺の温泉や銭湯まで足を伸ばしている。

その時も面会が早く済んで時間のできた俺は、疲れを洗い流そうと、近場のスーパー銭湯に向かった。

まだ新しいらしく綺麗な外観だった。

券売機でタオルと入場券を買った。

タオルセットを買ったつもりだったが、バスタオルしかなく、小タオルがついてなかった。

券売機に戻るのが面倒で、そのまま入浴することにした。

後から思うと、面倒くさがらずに小タオルをレンタルしておけば良かったと思う…

 

俺は服を一枚一枚丁寧に脱いで畳む癖があり、着替えにやたら時間がかかる。

その着替え時間の多さがホモに狙われる要因だったのかもしれない…

「どこからきたの?」

優しく、親しげで、けれど上から目線の言葉が俺にかけられた

俺「あ、○○の方から…」

返事をしつつ、声の主の顔を見る。

さっぱりとした塩顔の男性だった。普通に女にモテそうな。

年は自分より少し上くらいだろうか、しかし童顔で年齢不詳な感じでもあった。

「何しにきたの?」

と、男は続けた。

地方の人のフランクさに驚いたが、それを悟られぬようにこちらも親しげに返した。

俺「仕事です。時間があいたので風呂でもと思って。」

塩顔「いいね、この時間はちょうど穴場で、貸切みたいなもんだよ」

俺「ははは、ラッキーでした」

人見知りがバレないように相手になんとか合わせようとした。

すると塩顔さん、「可愛いね」と言ってきた。

いきなりだった。

このひとホモかな、っと頭をよぎった。

俺「ありがとう!」

つい、慣れたかのような返しをしてしまう俺。

この時点でホモは俺がホモだと勘違いしたと思う。

 

[男の催眠フェチ屋さん] の【若パパにエッチな催眠面談受けさせた】
【漫画を読む】ノンケ若パパリーマンを催眠支配♪
[えびてん丼] の【ぴこんち】
【漫画を読む】
 

しばらくの沈黙の後…

塩顔「風呂…行こうか?」

今考えると完全に行為前のような台詞だが俺は思考停止で、

「うん…」と首を縦に揺らしてしまった。

身体を洗い、二人でひととおりの温泉を楽しんだ。

塩顔のお兄さんは爽やかな顔に似合わず、立派なものをぶらぶらとさせて

自分は隠すタオルもないので、彼には若干劣るブツをふつうにさらしてた。

最後に俺ら二人は「寝湯」という風呂に向かった。

寝湯とは少し熱めの湯が床から流れていてるだけの浸からないタイプの湯だ。

俺ら二人しか居ない湯に仰向けになる。

そしてやたら近くに横になる塩顔。

しかし、そこで俺は重大なミスに気づく…

前掛け用の小タオルがないのだ!

ただ湯に浸かるだけなら問題なかったがこれはいくらなんでも恥ずかしい

俺「た、タオル…ないから…いいや…」

塩顔「そんなの気にすんな、男同士だろ」

俺「で、でもっ…」

塩顔「いいからいいから」

結局強引に寝させられてしまった

数分たっただろうか…

俺は恥ずかしさと、塩顔のイケメンさにやられ、

あろうことか仰向けのまま息子を直立させてしまったのだ。

塩顔が気づかないことを祈りつつ、黙って納めようと精神を集中させる

ようやく収まろうとしたその時、塩顔が…

「勃ってるね…なんで?」

と耳元でささやいた

俺「え!いや…うん…?」

とぼけても無駄だった。

塩顔「可愛いね」

スッと手を俺の息子に忍ばせる

俺「ツっ」

反応してしまた…

もうホモは止まらない。

【動画を見る】初登場!エロいカラダ巨根青年がオナホで扱く!
【動画を見る】綺麗な顔の20歳ノンケが激エロオナニー披露!

 

ゆっくりと人差し指で亀頭をなでた。

さらに指を俺の口に押し込み、舐めさせ、その手で息子を握る

少し強めの握り方だった…

俺「ちょ、えっと、じぶん、こういの初めてで…」

自分でもどういう意味でその言葉を発したのかわからい。

しかしその言葉でさらに火をつけてしまった。

塩顔「え?そうなの?じゃあ感じさせてあげないとね」

さっきまでゆっくりだった塩顔の手が一気に早く動いた。

的確に亀頭のつぼを刺激する塩顔。

正直、過去一に気持ちよかった。

「んっ…あ…」

完全に女のように感じさせられる俺。

「可愛いね…」

そんなふうに言われると心がざわつき、さらに感じた。

ピチャピチャ…といやらしい音と俺の声が響いた。

イキそうになるのを何度も止められた。

普段はイキたいときにイク俺が、この時初めて我慢することの気持ちよさを知った。

だれかに性感を支配される初めての体験。

塩顔「イキたいの…?」

俺「う…っん…」

塩顔「まーだ!」

俺「いっ…や…っ」

亀頭を刺激される度にイキそうになるが、

その度に爪を立てられ一瞬縮み、

油断した所でまた亀頭…というたまらないループを繰り返される。

そして、

「桶風呂いこ?」

と塩顔が提案した

桶風呂とはまぁ、どこにもあるような桶でできた風呂だ

それは少し奥の方にあり、人もいなくてロケーション的には最高だった。

俺はガクガクの膝を何とか立たせて塩顔に寄りかかりながら移動した。

ゆっくりと桶風呂につかる。

二人で入るとザバザバとゆが溢れる

そして塩顔が「イカせてあげる…」

と呟いた。

後ろから抱きしめられながらしごかられる俺…

湯の中でしごかられることが、これほどとは知らなかった

「可愛いよ…」

耳元でささやかれる度にゾクゾクした

そして…

「イッ…いく…ほんとに…いくっ」

塩顔「イキたいの?ならお願いして」

「いかっ…せっ……てっ」

塩顔「よく言えたね、イッていいよっ」

「はぁ…はぁ…っんく…イッくっ」

湯の中で激しく動く塩の手…

それに呼応するように感じる…

最後に思い切り強く握りしめられた

「んっ!くっ…あっあ…」

俺はガクガク揺れながら絶頂を迎えた…

塩は俺を優しく抱きしめてくれた

そして暫く塩顔のをしごいた

2分くらいで塩はイッた

ほどなくして脱衣場にでると入れ違いで爺さんが入ってきて危ないところだった。

自分のように男にイかされた体験談を見ると、思い出して興奮する。

 

イケノン ~ゲイ体験談~


【動画を見る】ノンケめちゃカワイケメン学生まさかの大量潮吹き!!
【動画を見る】ハンサム系スリ筋大学生がギンギン生堀り!

[LUNATIQUE] の【性感Link~感覚共有アプリで水泳部のコーチと俺の♂♂な部分を繋いで刺激してみた。】
【漫画を読む】ノンケ水泳部コーチと性感link♪
[LUNATIQUE] の【性感Link~感覚共有アプリで水泳部のコーチと俺の♂♂な部分を繋いで刺激してみた。】