【イケメンノンケ出演】最新ゲイ動画

【ノンケ × ゲイ】おすすめ抜ける漫画

ノンケDKの童貞チンポからミルク絞りだした➁

10代,イケメン,ショタ,ノンケ,体育会,変態,学生,年上攻め,悪戯,攻め目線,童貞,鬼畜

【動画を見る】185cmノンケ君が雄フェラにモロ感♪表情が歪む!!
【動画を見る】顔出しNG サッカー強豪スポーツ大生が極秘出演♪

 

シャンプー台に仰向けに寝かせたユウマの耳元で、
「…ユウマくんも、気持ちよくなってみたい?」と尋ねると
「えっ、い、いやっ、、」言葉につまるユウマ。

考える隙を与えずに「いいよ、教えてあげる。」と小ぶりで可愛いユウマの耳を口に含みました。

その瞬間「うあっ、、」っとシャンプー椅子の上でユウマの身体が跳ねました。
さっき塗ったフェロモンとユウマの混じった香りが鼻腔を満たします。

「知ってた?耳も性感帯なんだよ。 女の人にやられてると想像してみてごらん。」
そう言って彼の可愛い耳を、ねっとり耳の奥の方まで舐めて舐めて…。

左手でわたしの胸元を押すようにささやかな抵抗を示しましたが、
「あっ、、やっ、、」と、言葉にもならず快感に落ちていきました。

 

そして、ついに夢に見たユウマの股関に手をのばしてチンポを握りました。

制服の上から伝わる、かちこちに固く尖った、まだ成長段階のチンポの感触。
これがユウマの、、、すごく固い、、

感無量で我を忘れ、ニギニギしてイジワルにさすってやると、
「んっ、んあっ、はぁっ」とユウマも感じるままに声を漏らしはじめました。

 

[にぶんのいち!] の【調律ペナルティ】
【漫画を読む】おにショタ優しい愛のある鬼畜で快楽堕ち♪
[牙九ぽっぽ] の【今更隠してどうすんの?】
【漫画を読む】羞恥体験カラダの隅々まで先輩に見られて…♪
 

責める手を休めずに、彼の顔をわたしの方に向け、キスをしました。

「んっ!」思わず顔を反すユウマ。それを追いかけて優しくクチビルに吸い付きました。
イケメンとのキスは、爽やかな味でした。

「もっと気持ちよくなるから、クチを開けてごらん。」

ユウマの口に舌を入れこみ、舌を絡めてキスの気持ちよさも教え込みました。
わたしの手の中でユウマのチンポはギュンっと固くなって、
おそらく無意識に本能的に、ユウマも舌をからませてきました。

さらにシャツのボタンを外して手を入れ、乳首を責めます。
小さくも隆起した乳首を弾くと、ユウマは体を、びくつかせて悶えました。

「乳首も気持ちいいだろ?」
「あっ、ふぁっ、んんっ、くっ、、」
「こんな気持ち良さは初めてだろう?」
「ふぁっ、、はぁ、、、」

 

見たかった、快感にゆがむユウマの表情。
乳首とチンポを同時に責められ、ユウマは感じまくって、
キスで塞がれた口から吐息を漏らし続けました。

制服のズボンからベルトを抜きホックをはずすと、
ガマン汁で濡れまくってたユウマのパンツが見えました。
グレーの無地のパンツに大きな染みをつくり、こんもりと立派に盛り上がっています。

「ユウマくん、こんなに濡れちゃって、すっごく感じちゃったんだね。」
「あっ、だめっ…。」
ついにユウマの手がわたしの手を掴んでどかそうとしました。

「何がだめなの? 漫画みたいに気持ちよくなりたいんでしょ?」
パンツの上からチンポを握りしごくスピードをあげると、ユウマは腰を浮かせて悶えました。

 

ユウマがのけぞって喘ぐあいだに、シャツをたくしあげて上半身もみだらに露出。
きれいな腹筋、ぷっくりピンクにふくらんだ乳首。

おへそも乳首も舐めて、吸い付いて、じゅるじゅると音を立てて…。

「あっ!ああっ!」
もう声をおさえることもなく、抵抗する力が抜けていくユウマ。

 

【動画を見る】仕事終わりの若リーマンを拘束♪濃厚ミルク絞りだし!!
【動画を見る】イケメン君と極上ヌルヌルローションプレイ♪

 

スリムでスジ筋な綺麗な体。
童貞でまだ性交経験のない、無垢なユウマの体。

日焼けした部分と、いつも服で隠れて真っ白な部分のコントラストがたまりません。
ズボンも下げて、きれいですべすべした若い肌を、味わい尽くす。

 

いよいよ待望のユウマの童貞チンポを取り出すと、半分皮が被ったピンクの亀頭で、
割れ目から透明な汁が溢れていました。

美しく無垢な彼の勃起した性器が、おそらく初めて他人の目に晒された瞬間、、

根元に見える陰毛すら愛おしく、指に絡めます。

そして指先で、その汁を割れ目に刷り込むように撫で上げました。

「んあっ!」
甲高い声で啼くユウマ。

「ほら、気持ちいいだろ、たまらないだろ?」

 

指先で、その割れ目を拡げると、
割れ目は少し赤みを帯びいて、ぱっくりと尿道口が開きます。

そこをねらって吸い付き、ちゅうちゅうと汁を吸い上げました。

「はぁっ!あっん!」

童貞チンポから、どんどんガマン汁が溢れてくる。

すごく美味しいよ、ユウマ。

今度は皮を剥いてあげるよ。

皮がねっとりはがれていき、
赤く熟れて、まだ経験のないピュアな亀頭が顔を出した。

ユウマ、しっとりと濡れていやらしくなってるよ…。
さあ、ご期待どおり、フェラしてあげるよ。

 

【動画を見る】上京したてのピュアボーイキュートを頂きました♪
【動画を見る】体育会ノンケのつるすべの肌と巨根を堪能♪

 

パンパンの亀頭をねっとりと口にくわえ、
舌で舐め回しながら、唇でカリ首をひっかけて、大げさにジュボジュボ音を立てました。

若さゆえの匂いもたまらない、口の中でうねる、アツくて固いユウマのチンポ。

ユウマは体をくねらせて悶えて、喘いで、感じました。

想像以上だよ、ユウマ、とても感じやすくていやらしい身体だね。

 

耳を舐め、乳首をつねると、触らなくてもチンポはビクンビクンと勝手にうなりました。
顔も身体も汗をかいて、とってもいやらしい。

何度もストロークして、肉棒を手でもしごくと、

「あっ!だめっ、いっ、いきそう!いくっ!」

爽やかDKの童貞チンポが、
何度も俺の口の中で飛びはねて、
ミルクのように濃厚な精液が、噴水のように噴出しました。

そして、小麦色のユウマの首から胸、腹筋、太ももに、その精液が飛び散りました。
何度も痙攣するように全身をビクつかせ、つぎつぎに溢れ出てくるユウマの精子。

激しく呼吸するユウマ。
わたしは肉棒をしごく手を徐々にゆるめると、気持ちよさに我を忘れた表情で、
とても卑猥な姿をわたしに晒してくれました。

かわいいユウマから放出されて体に着いたミルクを舐めとり、
いまだ角度を保っている肉棒を再びくわえて、お掃除してあげました。

イケメンで童貞ボーイの精液はとても美味しかったです。

「うぁ、あっ、あっ、、」
ユウマは 再び目を閉じ、快楽に落ちていきました。

さすが若いだけあり、そのあと2回イカせてあげました。
わたしは誰よりも先にユウマのすべてを手に入れた優越感がたまりませんでした。

ユウマはすっかりわたしのテクニックの虜になりました。次からも閉店間際に予約するよう約束してくれました。

 

イケノン ~ゲイ体験談~


【動画を見る】媚薬入りオイルで♪モチ肌童顔大学生が生SEX♂
【動画を見る】色白イケメンの屈辱体験!女子にアナル掘られる♪
【動画を見る】ギャップ萌え満載のイケメンノンケをご奉仕♪

[ショタ漫画屋さん] の【居場所がないので神待ちしてみた捨てられた少年のエロマンガ【15話】】
【漫画を読む】ショタ漫画屋さんの神待ち少年のエロストーリー♪
[ショタ漫画屋さん] の【居場所がないので神待ちしてみた捨てられた少年のエロマンガ【16話】】
【漫画を読む】