【イケメンノンケ出演】最新ゲイ動画

【ノンケ × ゲイ】おすすめ抜ける漫画

DCサッカー後輩のシコシコ調査したw

10代,ショタ,ノンケ,学生,年上攻め,悪戯,精通

【動画を見る】必見!学生服の可愛いノンケがエッチなお遊び♪
【動画を見る】街中で20歳ノンケをナンパ!ツルツル肌がエロ過ぎ♪

 

うちの中学だけじゃないと思うけど、男子ってエロい知識をどれだけ沢山知ってるか競ったよね(笑)

うちの場合は、サッカー部では先輩から後輩へとエロい知識が受け継がれていたので、サッカー部は早熟って言われた(笑)

俺も1年の時、先輩からオナニーや女のアソコの事を教えてもらいました。

でも俺は、女だけじゃなく男のちんこにも興味がありました(笑)

みんな同じと思ってから、自分がバイって気づいたのはかなり遅い(笑)

特に可愛い男に興味があったから、後輩が入ってきたら俺がエロい事を教えてやると決めてました(笑)

 

タクマの性教育は絶対に僕がやりたいと思ってたんだ(笑)

タクマっていうのは、小学校の時のサッカー少年団の頃からの知り合いの子です。

超イケメン美少年で、お母さん達にもファンがいてジャニーズに入れると言われてました。

タクマは2つ下なので、俺が3年の時に入学してきました。

もちろんサッカー部に入らせた!

帰り道が近いので、中学に入っても仲良しでした!

 

タクマは3年の女子からも、カッコイイ、可愛いと噂されていました。

俺はタクマにエロい知識を教える機会を探っていました。

タクマはもともとチビだったけど、中学に入って背が伸びて真ん中より後ろぐらいになっていて、さらにカッコよくなってた!

冬頃になると少し声変わりも始まって、二次性徴が進んでいる感じでした。

 

[八百萬堂] の【虎○悠仁の着替えルーム】
【漫画を読む】虎○悠仁の着替えルームに潜入♪
[楽々夭夭] の【見せてください!】
【漫画を読む】サッカー少年が変態に騙されて画像流出♪
 

ある日、1年の会話で「シコシコ」とか「ドピュドピュ」という言葉が聞こえてきました。

タクマも会話を聞いて笑ってました。

俺が教える前にタクマが性に芽生えてしまう!と焦りと嫉妬が沸き上がりました。

 

その数日後、土曜の練習の後にタクマを家に誘いました。

もちろん親がいない日!

ゲームをしながら、「もう生えた?」とか「シコシコしてる?」と聞くと、

「生えてない」「してない」と恥ずかしそうに答えました。

 

「嘘や。このまえ、1年でシコシコの話してたやん(笑)」って詰めると、「ヒロシがエロいんですよ(笑)」と言ってきた。

たしかに1年のヒロシはエロ全開な奴。

「でもタクマも一緒になって笑ってたやん。タクマも本当はシコシコしてるんやろ?」

「してない!(笑)」 「でも意味は知ってるやろ?」

「ちょっとだけ(笑)」 「やっぱりな。やっぱりタクマもシコシコしてるんや~」

「してないって!(笑) よくわからんもん(笑)」

「へ~じゃあどこまで知ってるん?」

「なんか、大きくなるとか…」

「どこが?(笑)」

「笑笑笑」

 

【動画を見る】18歳美ショタがデカチン突っ込まれて喘ぎ啼く♪
【動画を見る】やんちゃで可愛いスポーツ少年の美尻を貫通!!

 

「逆に、まだシコシコ知らんのはヤバいで。」 「そうですか?(笑)」

「俺も1年の時に先輩に教えてもらったし」 「へ~(笑)」

「本当はもうやってるやろ?(笑)」 「やってないです(笑)」

こんな感じでタクマは一向に譲らなかった!(笑)

 

「っていうか、まだ生えてないのは嘘やろ?」 「・・・笑」

「ほら笑ってるやん! タクマ最近背も伸びてるし、声変わりも始まってるし、絶対もう生えてるやろ(笑)」

「生えてないです(笑)」

「嘘つけ~逆にまだ生えてない方がハズイって」

「1年みんな生えてないって言ってるし(笑)」

「みんな嘘ついてるんや。俺とタクマの仲やん、本当の事いえって。」

「先輩はいつからですか?」

「俺は1年の夏くらい。普通はそれくらいやで。」

 

「俺も夏くらいからです(笑)」

「え?」

「俺も1年の夏に生えてきました(笑)」

「やっぱりな(笑)」

「他の人に言わないでくださいよ(笑)」

「もちろん、俺らの秘密な」

 

「夏から生えたってことは、もう精子でる準備できてるで。」

「詳しすぎです(笑)」

「もうシコシコしたことあるやろ?(笑)」

「だからないって~(笑)」

 

【漫画を読む】オ〇ニーも知らない美ショタをトロトロにしてあげよう♪

 

「でもアソコがビンビンにでっかくなることはあるやろ?」

タクマ「そんなのならないです(笑)」

「嘘つけって。それは小学生でもなるから(笑)」

「本当ですよ~。」

「じゃあタクマ、小学生より成長遅いで? やばいな」

「遅くてもいいです(笑)」

「チン毛生えてること認めたくせに(笑)」

「ちょっとだけです(笑)」

「じゃあエロいこと考えたらどうなる?」

「どうもならない(笑) ていうか考えないし(笑)」

 

「まあ、恥ずかしい気持ちはわかるで(笑) 俺も1年の時はいまのタクマみたいな感じで隠してたし」

「そうだったんですか(笑)」

「遅れてるほうが逆に恥ずかしくなってくるぜ。2年になってもシコったことない奴とか、キモイやつだけ」

「そうなんですか?」

「イケてるグループの奴は成長早いから(笑) いつまでも子どもっぽいとタクマもだんだんモテなくなるで(笑) だから、サッカー部は先輩が後輩にエロい知識を伝授していく文化やねん(笑)」

「笑笑笑」

「俺も先輩にいろいろ教えてもらったからな(笑) 俺もタクマにいろいろ教えてやるよ」

 


【動画を見る】初出演♪童顔スリ筋男子が男にシコられ大噴射!

[ピュータロ] の【童貞野球部の初体験、いただきます!】
【漫画を読む】女も未経験なのに…童貞野球部を食べちゃう♪
[Pfactory] の【純情サラブレッド宿泊学習編】
【漫画を読む】学年の男子全員を精通させたい♪ショタ男子