【イケメンノンケ出演】最新ゲイ動画を見る

【ノンケ × ゲイ】おすすめ抜ける漫画【18禁】

【寝込み夜這い】ツレのすべてを知りたくて

20代,イケメン,ノンケ,体育会,変態,夜這い,悪戯,泥酔,片思い

【動画】童顔イケメンノンケが女に責められSEX♪
【動画】初登場ノンケ学生が同級生にアナル開拓される♪

俺にとっての夜這い、それは、俺にとって大切な人間が必死に隠そうといる大切なところを知ることだ。

田舎から東京の大学に進学した俺の下宿は、地元のツレが東京に遊びに来る時のねぐら。
ツレから、遊びに行くから泊めてくれと連絡がきただけで俺はいつもその夜の楽しみを思いうかべ、興奮して勃起した。

その日は、俺が最も興奮するツレが来ることになっていた。アイツの正義感と清潔感でできた爽やかな顔は、何度も俺をシコらせてきた。そして今は地元で消防士として働き、男らしい肉厚なボディまで身につけている。

やつは本当に一緒に居て楽しい友人だった。俺の下宿の近くの居酒屋で、日々のトレーニングや、仕事のやりがいなどを楽しく話してくれた。目的もなく大学に進学した俺。生きがいを見つけ、手に職をつけ、日々前向きに生きるツレが眩しく、俺はいつも妬みに近い気持ちも抱いた。俺には決して太刀打ちできない高みの存在。

あいつは東京に来るごとに、男らしく凛々しくなっていった。男らしくなった顔立ちも、昔からあいつを知っている俺の目からは、凛々しいというよりは、どことなくあどけなさを残した童顔で、俺には可愛くって仕方が無かった。

俺があいつに夜這いを仕掛けたのは、初めてのことではない。
俺はいつも、あいつが俺の部屋で深い眠りにつくのを待って、そっとあいつの股間の膨らみに手を乗せ、そのやわらかな肉感を楽しんで興奮すると同時に屈折した征服感を感じたものだった。

だが、あいつはわりと敏感なほうで、些細な刺激や物音でも目を覚ます。だから、あの柔らかな肉感が硬くなるまで味わうことは出来なかった。

[男の催眠フェチ屋さん] の【男を催眠で支配して、洗脳2】
【漫画を読む】催眠でノンケ支配洗脳、やりたい放題♪

しかし、あの夜は違っていた。飲み比べと煽って、いつもは抑えている酒のリミッターを解除。帰り道で珍しく千鳥足になるツレを肩で支えている時から俺は痛いくらい勃起していた。
家に着いてもジュースを飲めと梅酒を飲ませ、いつもは凛々しい顔を真っ赤にして、シャワーも浴びずに布団に横たわった。

ついに征服の時が来た。いつもはゆっくり楽しませてくれない股間の感触を揉みしだかれても、目覚める気配はない。
手際よくベルトを緩めチャックをおろし、ついにはパンツまでずり下げる。

恥ずかしい部分をさらけだし、俺の前に両足を広げられて横たわるあいつは起きる気配は全く無かった。初めて目にした全てが剥き出された無防備なあいつの股間。

今、俺の前には、あいつの大切なところが剥き出されてしまっている。完璧なあいつの人格の中で、俺が今まで知りたくても知れなかったモノ。

それを今、俺は俺の完全なコントロール下においてしまっている。刺激を与えれば簡単に勃起してしまった。
ズリ下げられたパンツのゴムに押し上げられて不自然に剃りあがった大きな二つのタマの間に情けなくも勃起させられたあいつのペニス。「情けない姿だ、恥ずかしい奴め」俺はあいつを言葉で辱める。寝息は高いが起きる気配は全く無い。俺はあいつのパンツをさらにずらしていく。

[LUNATIQUE] の【時間を停止していじめっこに悪戯して仕返ししちゃおう!】
【漫画を読む】時間を止めて生意気なアイツを弄ぶ♪

俺はあいつの下肢を思い通りに動かし、少し小便臭い香りのするパンツを奪い去る。
下半身裸のあいつの姿。奪い取った際に揃えてやった両足を俺はまた大きく広げる。俺は大きく開かれた左右のあしの中に割りこんで寝る。あいつのペニスは、いつのまにか勃起がおさまり、だらしなく左に曲って腹の上に横たわっている。
だらんと垂れた金玉が布団の上まで垂れている。俺はどんどん大胆になり、あいつのペニスの横に頬を合わせ、下腹部を包みこむように両腕を回す。
ああ、これがあいつの恥ずかしいところ、すこし汗臭い陰部の香りと共に、両腕に抱き込んだあいつの下腹部の肉感に俺は興奮し、俺のペニスの先はぐちょぐちょに濡れてしまっていた、、

ヤツを完璧に支配すること。それは、意に反して射精させること。他人には絶対に見られたくない姿。それなのに恥ずかしい雄の本能が働いて抑えきれずに精子を絞り出されてしまう。俺はどうしてもアイツを射精させたかった。
俺は少し蒸れた匂いを発するペニスを握り、桃色に腫れた初々しい亀頭を、俺の口マンで吸い込み、包み込んだ舌先で亀頭全体を舐めまわした。敏感な秘部を執拗に舐め取り、しごきあげた。
夢の中で感じてるのか、可愛いうめき声を漏らす。
俺にこんな事をされて感じやがって恥ずかしいやつめ。口の中にネバネバとした液体が広がり始める。
俺には眩しすぎるあの爽やかなツレが、俺の手により男の絶頂を迎えた。
んーあー、と情けない声をだし、俺の口の中に大量の精子を発した。これがアイツの精子。アイツの本性。
俺にだけ知られてしまった秘密。


【動画を見る】カッコ可愛い18歳同士のエロ交尾♪

[づんづん本舗] の【谷口先輩と遠藤クン】
【漫画】可愛い年下後輩が一途に愛してくる♪
[づんづん本舗] の【谷口先輩と遠藤クン】
【漫画を読む】