【イケメンノンケ出演】最新ゲイ動画

【ノンケ × ゲイ】おすすめ抜ける漫画

ジムで出会った大学生(その後)

10代,20代,イケメン,ノンケ,体育会,学生,年上攻め,悪戯

【動画を見る】初登場キリッと二重のクール系イケメン★
【動画を見る】激エロ☆美形くん生穴を突かれ喘ぎ泣く!

 

ジムのロッカーで僕は着てきたスーツに、彼はいかにも地元の学生らしいラフな服装に着替えた
彼はいっさい隠さず 魅力的なアレをプラプラさせるから目がいってしまった

居酒屋までの道中で初めてお互いに名前や年齢を教え合った
(名字はネームプレートで知っていたけど 下の名前で呼ぶことにした)
彼はタツキ 20歳の大学生
僕はリョータで29歳(24,5と思っていたと驚かれた)

タツキがおすすめという店はそこそこ繁盛していて カウンターに並んでビールを飲んだ
地物のメニューも豊富で、良い店だった
タツキは酔うとさらにお喋りになり、身の回りの面白い話を勝手にどんどん喋った
イケメンな顔を見ながら聞いているだけで退屈しなかった

何時間か経ち、時計を見たタツキが「今この瞬間、俺の終バスが行きました」と笑った
自分もそれを少し期待して彼の交通手段や時間の話をきかなかった
自分のホテルは長期連泊する都合でツインベッドルームだったので二人で寝るには困らない

とりあえず僕のホテルで飲みなおすことに

フロントで追加料金を払って部屋に帰る
日中に清掃してくれるお陰で室内は清潔感を保っていた
とりあえず交代でシャワーを浴び、居酒屋でついて匂いを落とした

ホテルの浴衣を着て、コンビニで買ったきた缶チューハイで乾杯した

タツキは風呂上がりで濡れ髪が艶っぽい
浴衣のすきまから胸チラやパンチラも見えて ジム風呂で見た半剥けペニスも思い出して僕はチンコが反応してしまった

【漫画を読む】絶対イキたくない男子VS変態マッサージ★
【漫画を読む】凌辱され堕とされていく男たち…♪

 

昨日も抜いたのに抑制がきかずに勃起してしまって 僕の浴衣は隠しようがないほど盛りあがった

すぐにタツキが気がついて「勃ってるじゃないですか(笑)」と指摘してきた
タツキは体育会系で下ネタも平気とみて「俺、酒飲むとムラムラするんだよ(笑)」とノリで返す

「いまもムラムラきてんすか?(笑) 」
「あー、来てるね。溜まってるからな~」 モッコリを握って見せつける

「男しかいなくてすいません(笑)」 と謝るタツキ

その言葉にも「男」を感じてムラムラがこみあげた

「かわいいじゃん」 つい そう言ってしまった

「えっ?」 キョトンとするタツキ 自分でも何を口走ったか でも歯止めがきかない

「タツキ、かわいいよ」 真顔で見つめる

「冗談やめてください。。。。(笑)」

顔を赤くし、目を泳がせて照れるタツキが可愛くて

理性がはずれてつい勢いで 机越しにキスをしてしまった

唇が軽く触れるだけのキスだったけど

 

タツキの驚く顔を見て 内心しまったと思いつつ

少し見つめ合ったあと、また唇を近づけてキス 今度は少し長めに

タツキは動かず、拒否もしない

僕は唇が離せなくなっていた

【動画を見る】サッカー一筋のくっきり系イケメンが♂体験★

数十秒くらい経ち 重ねた唇を動かしたら
なんとタツキも唇を動かしてきた

チュッ チュパ と静かなキスの音が 無音の室内に響いた
タツキの鼻息があたり 少なからず興奮していることを物語っていた

机の上でタツキの手に手を重ねると握り返してきた

手を強く握りあうと 呼応するようにキスも激しくなり
どちらともなく口を開き 舌を絡めあわせた

タツキの中のレモンチューハイの香りが入ってきた

クチュッ クチュッと卑猥な音が 火照った頭の中に響く

こっそり目をあけると タツキは目を閉じたままキスの興奮に浸っているように見えた

タツキの手を引き 机からベッドへ誘う

タツキは戸惑っているように見えたが

仰向けにすると浴衣の隙間から しっかり勃起していた

ボクサーパンツから飛び出そうなブツを優しく撫でる
うっとりすほどカチカチの若ペニス

羞恥心をあおるように浴衣をめくり パンツをゆっくり下ろしていく。。。

黒い茂みの中からほれぼれするような好みの半剥けペニスがあらわれ
反り返った反動でバッチン!と音を立てた

「すっごいじゃん、なにこれ」 全身真っ赤にしているタツキを問い詰める

「恥ずかしぃ。。。」

「びんっびんだけど?」

「リョータさん、ドSですね。。。(笑)」

「そういうタツキはドMなんか?」

「そんなはずじゃないけど。。。(笑)」

 

【動画を見る】ウブで可愛い18歳がカメラ前で童貞喪失★

 

照れ隠しで笑ってるのがみえみえなのが可愛くて余計にイジメたくなって

「じゃあ、初めての経験だね。 気持ち良かったら好きなだけ声だしていいからね」

と言って亀頭部にかかっていた皮をやさしく剥き下ろしていき、
親指をつかって、タツキの先走りを亀頭全体に塗り拡げていく

敏感そうな亀頭部も刺激しながら たくましい若ペニスを優しく扱きあげる

「ぁああ。。。 ぃいぁっんぁ んんんっ 。。 」

元気はつらつな体育会系とのギャップがたまらい可愛い声を漏れてきた

タツキは両手で顔を隠したけど その手もどけさせて徹底的にドSに徹した

パンパンに膨れあがったタツキの弱そうな亀頭や裏筋を刺激すると、
「はぁぁんっ! うぁぁぁ、はぁっだめっ、、ぁぁあんん!」と追いつめらて淫らに身をよじらせはじめた
時にはビクビクと跳ねたり その姿のエロさといったら。。

 

浴衣をはだけさせ パンツを中途半端にズリ下ろされ 男に一方的にされているタツキ

ここまで来たらフェラもしたかった
こんなかっこいい男の子の元気なチンポをフェラできるなんて夢のようだ

ベットに寝かせたタツキの脚を持ち上げ、両脚を拡げてさせた
産毛すらない下半身、肛門までツルツルだ

「やっ。。はずいっす。。」

軽く抵抗するタツキの腰の下に枕を入れて
トレーニングで引き締まったふくらはぎや太もも、足の指の間まで舌を這わせ舐めあげていく

指の間が特に反応が良くてビチャビチャ クチャクチャと音を立てながら
念入りに念入りにしゃぶりまくった

最後にお待ちかねのエロペニスをねっとり舐めあげ 口に含んでジュポジュポと吸い上げ
溢れてくる若い男のエキスを味わっているうちに

「だめです、でますっ、でますっ、、あああっ!!」

そのままお口の中でダイレクトに熱い飛沫を放ってフィニッシュ

なかなかの量を絞り出すことができ 彼も恍惚の表情でした

 

確認したら彼は正真正銘のノンケ君

雰囲気と気持ち良さに流されてしまったと言ってましたが満更でもなかったようです

僕が滞在中に、彼は5回泊まりに来てくれました

長期出張が終わるときは失恋のような気持ちでした

 

イケノン ~ゲイ体験談~


【動画を見る】爆えろBODYのイケメンDDと生FUCK♂
【動画を見る】男同士なのに…発情して手コキ抜きあい♪
【動画を見る】完全無毛なクリクリ瞳の青年が乱れ喘ぐ☆

[男の催眠フェチ屋さん] の【THE 男を時間停止3 VER働く男】
【漫画を読む】時間停止の能力でターゲットは働く男★
[男の催眠フェチ屋さん] の【THE 男を時間停止3 VER働く男】
【漫画を読む】