【イケメンノンケ出演】最新ゲイ動画

【ノンケ × ゲイ】おすすめ抜ける漫画

イケメントレーナーのエッチな指導②

イケメン,ガチムチ,セクハラ,体育会,受け目線,悪戯,筋肉,食われノンケ

【動画を見る】不愛想なのに可愛い♪ノンケ生SEX!!
【動画を見る】犬顔ノンケが生ハメされイキ潮吹き!

 

先生の右手が、するするとズボンの中に入っていく。腿の辺りをゆったりと撫でられ、ぞわりと背中が震えた。
そのままぎゅっと股間を鷲摑みにされた。「あっ!」と声が出る。
「すごい。鈴木さん、おっきいんですね」
「い、いや。そんなことないです」
「そうですか? 立派ですよ」
そう言うと、太さを確かめるようにやわやわと握ってくる。
布一枚だけ隔てたダイレクトな感触に、「あぁ…っ」と自分でも情けない声が出る。

「ここが根元で、ここが先っぽですよね?やっぱり、おっきいですよ」
そう言いながら、完全に屹立したそれを四本の指で、根元から先端に向かってゆっくりと撫でる。
そして、パンツ越しに亀頭を指で刺激した。
「あっ、そこは……っ!」
慌てて手を振り払おうとするが、手首を掴まれ制止される。その間にもぐりぐりと先端を刺激され、体が勝手にびくびくと震える。
ぱんぱんに膨れ上がったその先から、じわりと露が滲んできたのが自分でも分かった。
まずい、と腰を捩るが、尻をがっちりと鷲摑みにされて動けない。「あれ?」と先生が声を上げた。
「鈴木さん、濡れてますよ」
「ぬ、濡れてないです……」
「またまた。じゃあ、確かめちゃおうかな」
そう言ってしゃがむと、ズボンをずるりとずり下ろした。
勃ち上がったあそこにゴムが引っかかって、尻の部分だけが露わになる。慌てて引き上げようとするが、更に強い力で足首までズボンを下ろされてしまう。

青いボクサーパンツが露わになる。俺のものは大きく膨らみ天を仰いでいて、くっきりと形が浮かび上がっている。
亀頭やカリの形まで丸分かりだ。そして、その先端はじっとりと丸いシミが浮かび上がっている。
隠そうとするが、両手をがっちりと握られていた。
抑え込みながらも、愛撫するように指を手の甲にすりすりとこすりつけている。
先生が、俺の股間に顔を近付ける。息が臍の辺りにかかる。

【漫画を読む】禁断欲求!仏頂面を快感で歪ませたい!

「すご……おっきい」
「あ、あの。あんまり見られると、恥ずかしいんですが……」
「ここにいっぱい溜まってるんですね」
そう言うと、玉をすくい上げるようにしてやわやわと撫でてくる。パンツの中で俺のものがびくんと跳ねた。
先生が撫でたり揉んだりするたびに、ぴくぴくと勝手に動き回る。

正直言って、先生の触り方はうますぎた。口では拒否の言葉を吐きつつも、さらに気持ちよくなりたいと願ってしまっている自分がいた。
その証拠に、もっと触ってほしいと言わんばかりに腰を突き出してしまっている。
きっとそれも先生には全てお見通しなのだろう。悪戯っぽい笑顔を浮かべて、俺の腹をぺろりと舐めた。
その舌は腹筋の線をなぞるように辿り、だんだんと胸元へと上がっていく。その感触に思わず息が漏れる。谷間を通り、乳輪の周りをぐるりと回る。その舌先が乳首に近付くたび、息が荒くなってしまう。

そして、ついに舌先が乳首に触れた。びっくん、と体が大きく跳ねる。
先生は片方の乳首を口に含み、もう片方をくりくりといじりながら、俺のあそこをすりすりと撫でる。
体から力が抜け、代わりに股間に血液がどんどんと集中していくのが自分でも分かる。
「あ……はぁっ。ふうっ……」
胸やあそこの先端を擦られる度、声が漏れる。

ふと腿に何か当たって視線を下ろす。先生の股間がはち切れんばかりに膨らんで、俺の脚に当たっていた。
「鈴木さん、もうびちょびちょですよ」
その言葉の通り、パンツは先走りでぐっしょりと湿っていた。何も返せなくて、ただ喘ぎだけが漏れる。
「汚れちゃいますし、もう脱いじゃいましょうか」
「えっ!?」
先生がしゃがむ。抵抗する間もなく、パンツが一気にずり下ろされる。
はち切れんばかりになったそれが、ぶるんと揺れて腹を打った。慌てて両手で股間を隠す。

【動画を見る】スーツイケメンを拘束手コキ・電マ攻め!
【動画を見る】素朴系童顔ノンケと制服姿で生合体♂

「だめですよ、ちゃんと見せてください。もっと気持ちよくしてあげますから」
手首に添えた手の力は弱かったが、その言葉に抗えなかった。俺はゆっくりと組んでいた腕を解く。
「やば。でっか……」
「あ、あんまり見ないでください……」
先生が恍惚の表情で顔を近付ける。生暖かい息がくすぐったい。ひくひく、と小さくうごめく。

先生が舌を出して、裏筋を頂点へ向かって舐める。「んんっ」と自分でも驚くくらい濡れた声が出た。
舌が往復するたび甘い痺れが走って、先端の露が今にも零れ落ちんばかりに膨れ上がっていた。
亀頭を、先生がぱくりとくわえた。
「ああっ!」
急な刺激に声を出してのけぞる。先生の口はゆっくりと俺の根元までを飲み込んでいく。生暖かい舌と口腔が、自分のものににゅるにゅると絡みつく。
「はぁっ…あっ…ああっ…」
漏れ出る声が抑えきれない。気付くと俺は先生の頭を脚で挟むようにして、愛撫するかのように何度も擦り付けていた。髪は俺の弄る手でくしゃくしゃになっている。

先生の頭が上下するたび、股間からは卑猥な音が響き渡る。
一体どうなっているのか、どうやって俺のあそこが口の中で蹂躙されているのかさっぱり分からないが、とにかく気持ちがいい。
俺の腿をさすっていた両手が、ふいに離れた。そして体を少し持ち上げると、すりすりと脇腹を撫で始める。そしてその手は、ゆっくりと胸の方に近づいていく。
「あっ、あ、ちょっ、ちょっと待って」
もちろん制止など聞くはずもなく、両手の人差し指はそのまま両方の乳首をぴんと撥ねた。
「ああっ…!」

びくんと体が反応する。そのまま手は、器用にも股間を舐めたまま乳首を弄ったり胸を揉んだりを繰り返している。
見下ろすと、自分の胸がぐにぐにと歪んでいるのが見える。
ふいに先生が、しゃぶりながら俺の顔を見上げる。目が合った。
限界はもう近かった。先生が齎してくる快感の度に、射精欲はどんどんと強まる。ぱんぱんに膨れ上がったそれは先生の口の中いっぱいに広がって、根元まで咥えられる度にびくびくと痙攣するのが自分でも分かる。
「だ、だめです先生。お、おれもういきそう…」
すると、先生が口を離した。反動で竿が振り子のように揺れる。精の吐き出し場を失った俺は思わず戸惑いの目で先生を見つめる。先生はにっこりと笑うと、「まだいっちゃだめです」と立ち上がって俺の背後に回った。

【動画を見る】元サッカー部の爽やかノンケ食い尽くす!

「鈴木さんがいっぱい出すとこ、俺に見せて」
耳元で囁かれ背中がぞわりと震える。「いいお尻してる」と笑って尻を揉みながら、ぴたりと背後にくっつく。耳たぶを唇で挟みながら、両手で俺の胸を鷲摑みにした。
「鈴木さん、後ろから胸揉まれて、女の子みたい」
言いながら胸を揉み、乳首をいじる。さっきから荒い吐息が止まらない。尻には、先生の硬くなったものがぐりぐりと押し付けられている。

先生の右手が股間に伸びる。唾液でぬらぬらと光ったそれを、ゆっくりと握った。そしてそのまま緩やかに上下に擦り出す。
「あっ、あっあっ」
手の動きに合わせて声が上がる。その間にも耳と乳首を攻められ続け、快感に腰が砕けそうだった。
「鈴木さん、気持ちいい?」
「はあっ、あっ、やばい…きもちい…っ」
もはや恥ずかしいとも感じられなかった。その言葉を合図にするように、先生の手の動きが早まる。
「あっ、あっ。そ、それ、やばい。やばいです」
「もういきそう?」
こくこく、と俺は何度も頷く。仕方ないなあ、と耳元で吐息交じりの声。
「じゃあ、いっていいですよ」
そう言うと俺の腕を持ち上げ、顔を脇の下に滑り込ませる。そして舌を突き出し、乳首をちろちろと舐め始めた。そしてあそこをしごく手は止まらない。もう、限界はそこまできていた。
「ああっ。あっ、あっ。や、やばい。い、いく…っ!!」
あられもない声で叫ぶ。下腹部からせり上がる感覚があって、俺はがくがくと腰を揺らしながら射精した。
物凄い量の白いものが、先生の手の動きに合わせて飛んでいく。
絞り出すようにしごくと、先端からぽたりと透明になった液が垂れた。更衣室の床は、俺が吐き出したものでべっとりと汚れている。
「すごい。いっぱい出ましたね」
先生が囁く。俺はぐったりと先生の体に背を預けることしかできなかった。
「次回のレッスンも、お待ちしてますね」
その言葉に、俺はこくりと頷いた。

 

イケノン ~ゲイ体験談~


【動画を見る】高身長爽やかノンケが悪戯イカされる!
【動画を見る】好青年が生突きされエロ声で泣き喘ぐ♪

[ブレインハウス BL] の【HIDK2【R18版 単話】】
【漫画を読む】親戚DKがお泊りでムラっと濃密な一夜♪
[HONEY QP] の【痴漢OK侵サレ男子】
【漫画を読む】ノンケなのに何でもアリ♪侵され男子!
[HONEY QP] の【痴漢OK侵サレ男子】
【漫画を読む】