【イケメンノンケ出演】最新ゲイ動画

【ノンケ × ゲイ】おすすめ抜ける漫画

久々に再会したノンケ後輩がシコすぎて、、、

20代,BL,イケメン,ノンケ,リーマン,体育会,学生,片思い

【動画を見る】サッカー大学生をマッサージルームにご招待♪
【動画を見る】サーフレスキュー青年が男に堕ちた神回♪

出張で、大学時代を過ごした札幌に行く機会があった。
卒業して5,6年たつが、結婚式で1回来ただけで、卒業して札幌に来る機会はほとんどなかった。

仕事を金曜に合わせ、一泊して土曜に帰京する日程にした。
せっかくの機会だ、懐かしい知り合いにでも会ってみよう。
俺が連絡を取ったのは、3つ下の後輩の裕斗だった。
裕斗は大学院に進み、いまも札幌で学生をしていると噂で聞いていた。
大学では1年しかかぶってないが、奴なら喜んで飲みに付き合ってくれると思った。

裕斗はつかみどころのない、不思議な奴だ。
体育会系の明るさとテキトー感をあわせもち、誰にでも愛想が良くて、誰からも愛されるマスコット。
それがゆえ、本心や本性が読めないミステリアスさもあった。
”魔性”というと大袈裟かもしれないが、無自覚に天然で人を惹きつけるオーラがあった。

俺も奴のそんな魅力に惑わされた一人だ。

俺が初めて男への興味を覚えたのが、裕斗だったからだ。

 

金曜の18時、すすきのの交差点で奴と待ち合わせた。

「おひさしぶっすぅ~」
飼い主に再会したゴールデンリトリバーのように
人懐っこい笑顔で飛びついてきそうな勢いで寄ってくる青年。

裕斗だ。

当時19歳だった裕斗はもうすぐ25歳になるという。
裕斗は、昔以上に、イイ男になっていた。
10代ゆえの華奢だった体系に程よい肉をつけ、たくましくなった胸板や二の腕から男のフェロモンを発していた。
服装や髪型、顔のパーツも洗練され、オトナへと成長している。
それでも、子犬がしっぽを振るように俺との再会の喜びを隠さない。愛おしい。

ああ、裕斗だ。

当時裕斗に出会い、男に欲情する自分がいることを認識した俺は、
卒業後、東京で男との性交を覚えた。

それからの約5年ほどで、快楽目的で何人もの男とヤッた。
一通りの男アソビを経験し刺激が薄れてきた俺は、年齢的にも女との結婚の道に戻りつつあった。
恋愛対象は女だ。男の世界に未練はない。
本気でそう思っていた。

それなのになぜ俺は、こんなタイミングで裕斗と再会したのだろう…。

 

[CLUB-Z] の【水泳部の愉しみ方】
【漫画を読む】イケメンだらけの水泳部を満喫…♪
[CLUB-Z] の【俺達友達だよな】
【漫画を読む】友達という関係を壊してしまうほどの欲求…

「裕斗、久しぶりだな、もう酒は飲めるようになったか?」

「いや先輩、俺もうとっくに10代じゃないっすよ~w」

「そうだったな!さあ、飲め飲め…」

「いただきやす!」

「ガキだった裕斗も、もうすぐアラサーの仲間入りだなぁ」

「そっすよ~。てか先輩はもうすぐ、、アラフォ?w」

「なんでだよ!なめたこと言ったから一気な。」

「冗談っすよ~、久しぶりにアルハラされたww」

俺にどんどん酒を注がれ、火照っていく裕斗。
裕斗は顔が赤くなりやすい。

俺の目には、それが俺を誘惑しているように映る。
服の下も赤くなっているのか? 酒の力で、スケベな妄想が加速していく…。

 

懐かしい思い出話や、それからの話。
酒の肴はいくらでもあり、気づけば24時だった。

「先輩、今日はどちらに?」

「近くの安ホテルだよ。後泊は自腹なんだよ」

「ゆってくれたら家でもよかったのにぃ」

 

俺はそのとき心では別のことを考えていた。

『裕斗、気軽に泊めてくれと頼まなかった理由があるんだ・・・
自制する自信がないんだ・・
裕斗、俺を泊めたらダメだ・・』

 

「女と住んでないのか?」

「同棲なんて洒落たことしないっすよ~」

「今は、、、フリーなのか?」

「や、いちおー彼女はいますよぉ」

 

そうか、よかった、これで裕斗を諦められる・・
酔いで脳が圧迫されてる感覚の中、そんなことを考えていた。

だが裕斗は、

「彼女、実家暮らしでお泊りとか厳しくて。だし、全然うち泊まってもいいんすよぉ?」

だめだ裕斗、さっきから、スケベなことしか頭に浮かばないんだ・・・

俺が黙っていると裕斗は、

「タク代、2千円もかからないっすよ♪ 」と話を進める。

「・・・そうか、世話になる・・・」

俺は裕斗の誘惑に屈した。
いや、裕斗はけっして俺を誘惑しているわけではない。

しかし何か期待を捨てきれない自分がいた。

俺はタクシーの中で、俺が裕斗に性的興味をもってしまった出来事を思い返していた。

つづく


【動画を見る】19歳イケメン童貞ボーイの初体験目撃♪
【動画を見る】ノンケなのにデカマラに掘られて悶絶♪

[パグミィ] の【OMNIBUS R18+】
【漫画を読む】
[パグミィ] の【OMNIBUS R18+】
【漫画を読む】